デイトナ -FOR ALL THE MOTORCYCLE LOVERS.-

ガレージ改造計画6 ヘルメットラックに秘密あり。パソコン用ファンを取り付けてみた!

どーも、デイトナガレージグループです!

本日は、以前ご紹介した「ヘルメットラック」の、ある秘密についてお話したいと思います・・・!

好評発売中の ◆ガレージ用ヘルメットラック 品番:95190 標準価格¥7,500(税別) には、大きな3つの丸穴の周りに、それぞれ4つずつ小さな穴が空いています。

実は・・・、ここにパソコン用の80角のファンが付けられるように設計しております!!(すでに感づいていた方もいるかと思いますが(笑))

ヘルメットの中にそよ風を送りたくて作りました。穴径Φ4.3、ピッチ71.5mmの80角のファンに対応しています。

 

ってことで、早速ネットでパソコン用ファンをポチっと!

100Vで動くファンで風量は低速をチョイス。

<ネット購入品>
・オムロン AC軸流ファン R87F R87F-A1A83L
・オムロン 軸流ファン R87F フィンガーガード R87F-FG80
・KDH ビニル平型コード(VFF)差込プラグ付き VFF-0.75SQ-2m(黒)

ファンの配線に収縮チューブを通し、平型コードをハンダにて接続。

収縮チューブをライターであぶって、絶縁対策もばっちりです。ハンダと収縮チューブは手持ち品を使用しました。

ファンとフィンガードをヘルメットラックに付けようと思ったのですが、固定用のボルトナットは付属されていない・・・。ってことで現場をゴソゴソ。

M4x35くらいのボルトがあればファンとフィンガードを一緒に固定できると思ったのですが、残念ながらそんな長いボルトが現場にはなく。

現場にあったM4x12ボルト8本とM4ナット8個で、フィンガードの取り付けとファン本体の取り付けをすることに。

ファンにフィンガードをM4x12ボルト4本とM4ナット4個で取り付けます。

フィンガードはヘルメットラックの裏側になりますが、グローブ等を裏側に置くことを想定し、回転時に接触しないようにするためです。

残りのM4x12ボルト4本とM4ナット4個にて、ファンをヘルメットラックに取り付けます。

その後、各部を確認して完成です!

コードをコンセントに差し込みスイッチオン!

おぉーーーーーっ!そよ風が来てる♪

高速ファンもあったのですが、ヘルメット内部に風を送るだけなので低速ファンでも十分かなと。音も低速ファンの方が若干静かだし♪

実際にヘルメットを置いてスイッチオン! シールドを開ければそよ風が前から出ていきます。

 

動画もありますよ! ↓

ヘルメット内部に風を送り汗蒸れを取り除くのが目的だったので、効果は十分かなと、個人的には満足です。

強いて言えば、ON/OFFがコンセント抜き差しのため、スイッチ付きの延長コードにつないでON/OFF操作ができれば問題解消かな?

 

ということで、今回はあくまで参考ネタですので、試してみたい場合は自己責任でお願いいたします・・・。

ではでは。