デイトナ -FOR ALL THE MOTORCYCLE LOVERS.-

ガレージ改造計画10 デッドスペースも有効活用! シャッターケース用ブラケット(DIYサポート商品)を作ってみた!

どーも、デイトナガレージグループです!

ガレージ企画を検討していたあるときに、気づいたんですよ! ここにもデッドスペースがあるじゃないですか! そう! シャッターケース裏です。

ハイルーフタイプ(機種名の末尾がHのもの)なら頭も当たらない位置でバッチリ。ロールーフにも取り付けできますがちょっと低いかな?・・・ってことで、さっそく採寸スタート!

いつものとおりCADで図面をフンッ!フンッ!フンッー!

デイトナの取り扱いガレージだと、シャッターサイズは5種類あります。金具は弊社で用意し、板材と木ネジはシャッターサイズに合わせてお客様が用意していただくDIYサポート商品です。

はぃーーーっ! できあがり!!

◆シャッターケース用ブラケット

品番:97199 標準価格¥4,500(税別)

デイトナガレージ展示店舗さんからこの品番で注文できますので、欲しい方はぜひっ!

展示店舗さん一覧ページはこちら↓

https://daytona-mc.jp/sp/garage/shop/

 

はいっ! いきなり完成形の使用例です。↑

弊社に置いてあるガレージは1730H。まず商品のサイドブラケットをガレージに装着し、内寸を測りメモしておきます。ちなみに当社ガレージの実測値でたまたま1730mmでした。ガレージサイズ表記の1730Hとの関連性は全くありませんので必ず実測値を測ってください。

板材と木ネジはホームセンターにて調達。1730Hのガレージで1820x250x18mmのパイン集成材を購入。木ネジも含め約3,000円くらいでした。準備した板材を、メモの寸法に板材を切ります。

切り出した板材をブラケットの上に乗せ、下から木ネジで固定して完成です! シャッターサイズや板材にもよりますが、積載は5kg以内を目安としてください。

頭上の棚となるので、万一のことを考え、ダメージが大きい荷物はオススメしません。人への被害だけでなく、オートバイへの損傷があってはいけませんので、くれぐれも積載するものにはご注意ください。

撮影画像のように、キャンピングマットやシュラフ、レインコートのように「かさばるけど柔らかい」ものの置き場にしてください。

今回の内容ではDIY要素も含まれているので、ぜひ楽しみながらも安全に設置してください。

ではでは。