デイトナ -FOR ALL THE MOTORCYCLE LOVERS.-

ホイール開発ストーリーvol.14 試作品が届きました!

こんにちは、デイトナセブンスターキャストホイール担当者の中村です。花粉症の季節ですね。

花粉症のヘビーユーザーである中村は既に目がかゆいです。

デイトナは周りを杉の木に囲まれています。花粉の最盛期には退社時に車のワイパーにうっすら黄色く積もるほどです。(大げさではありません)

さて、前回のブログで私がエンケイさんに追加試作をお願いしている画像をアップしました。

すると翌週、早速エンケイさんが試作品を持ってデイトナに足を運んでくださいました。

その時の画像がコチラ。

多っ!

 

 

角度を変えて開発エリアにある中二階から。

箱の行列です!

周りのデイトナスタッフもザワついています。

 

大場も中村も驚きました。

なんとその数10本!(箱は12個写っていますが、2箱は中身が違います)

エンケイさんからは「表面処理や色で採用される可能性があるものは全て試作しました。これ以上はありません!」

と力強いお言葉を頂きました。

 

それでは早速開封。

初めて見る塗装済みのデイトナセブンスターキャストホイール(リア)。

 

一本の迫力も当然あるのですが、更にズラーっと並んだホイール。圧巻です。

画像では全部同じに見えてしまうかもしれませんが、全て仕様が違います。

この後、一本一本エンケイさんから細かく試作品の説明を受け、仕様を検討しました。

室内光(蛍光灯など人工の光)の元や、屋外の自然光(太陽の光)の元、また日向と日陰での印象の違い、

車輌とのマッチングなどなど。熟考しました。

そして・・・。ついに! 外観の仕様を決めました!!!

 

 

仕様が決まると次は量産試作品(最後の試作)で最終チェックをし、量産に入ります。

次回のブログで量産試作品をお披露目できるかもしれません。

 

次回もどうぞお楽しみに!

おまけ。

試作品で打刻の練習をしてみました。(試作品での練習なので養生等はしていません)

練習なのでリラックスして打てますが、本番は緊張するんだろうなぁ・・・。

 

 

ライターProfile

営業推進グループ 中村 慎

デイトナの営業スタッフ。
オートバイもクルマも自転車もただの移動手段ではなく「宝物」です。