デイトナ -FOR ALL THE MOTORCYCLE LOVERS.-

ホイール開発ストーリーVol.6 モックアップで確認作業開始!

こんにちは。来年迎える創業50周年記念商品、デイトナセブンスターキャストホイール開発担当の大場です。

先日ホイールのモックアップが届いたので、確認作業を始めることにしました。

今回はその様子をご紹介します。

まずはモックアップの取り付け確認用として取り寄せたパーツを組み上げ、準備に入ります。

モックアップは金型展開前の重要な確認向けの作業となっており、純正品+アフターパーツの組み合わせも確認します。

 

右側キャリパーのオーバーホール。固着がひどくピストンの取り外しに苦労しましたが、腐食も殆どなくシール類の交換で再び使用可能となりそうです。パッドはもちろんデイトナの「赤」パッド!

Zシリーズの社外キャリパーといったらCP2696。こちらもWディスクの仕様で確認予定です。

フィッティング用のサポートはPMC様の製品。

 

組み合わせるマスターは、Z900RSにも負けない!?DAYTONA × NISSINラジアルブレーキマスター。

スモークタンク仕様で昭和から令和なイメチェン。

リア側は、正に採用されていた630サイズのスプロケットとチェーンです。

見たことある方のほうが少ない超重量級サイズ。

 

純正部品は生産終了のため、同じサイズを販売してくれているサンスター様と江沼チヱン様の組み合わせです。

私自身の車両は530サイズへコンバートしていますので、同社製品の530サイズも合わせて確認しますよー。

 

ということで、今回のご紹介はここまで。モックの取り付けは次回ご紹介できるかもー!?

どうぞお楽しみに!

 

 

ライターProfile

カスタムグループ 大場

デイトナのカスタムグループスタッフ。セブンスターキャストホイールの開発に携わる。
KAWASAKI車所有。

オススメ記事

ホイール開発ストーリーVol.5  Z1/Z2に使えるデイトナパーツ!

ホイール開発ストーリーVol.4 900super4とZ900RS

ホイール開発ストーリーVol.3

ホイール開発ストーリーVol.2

ホイール開発ストーリー Vol.1