デイトナ -FOR ALL THE MOTORCYCLE LOVERS.-

ホイール開発ストーリーvol.20 何にする?スプロケット&チェーン

こんにちは、デイトナセブンスターキャストホイール担当者の中村です。

ホイールのシリアルナンバー打刻に集中していてブログの更新が遅くなってしまいました。

さて、Z1、Z2は純正で630のチェーンとスプロケットが採用されています。また初期モデルには車体側にチェーン給油機構が設けられています。

チェーンの性能が向上した現在では不要になり、車輌を手に入れた時点で既に取り外されている個体も多いと思います。

また630サイズのチェーンは市場にあまり流通しておらず選択肢も少ないようです。

結果交換時にチェーンサイズをコンバートする方が多いと思います。

 

今回のブログではチェーンサイズをコンバートした際のイメージを少しでもお伝えできればと630、530、525各サイズを試着してみました。520サイズは予算の関係で見送りです‥‥。(泣)

太い物から細い物に変わり寸法的には余裕が出る方向なので必要ないかもしれませんが、私たちも一度確認しておきたかったのです。

 

※今回のブログは純正サイズ以外のスプロケット、チェーンの取り付けを保証するものではございません。

 

始めに525サイズから。

実は大場は元々、愛車のZ1を525サイズにコンバートしています。

RK社メッキチェーン&サンスター社スチールスプロケット仕様。

ドライブ18丁、ドリブン40丁、チェーン110リンク。

無難な組み合わせですね。チェーンはメッキ仕上げでメンテナンス性が良く、鉄スプロケットで寿命も長い。色味もシンプルです。

無難と言われて大場は不満そうです。(笑)

 

次に530サイズ。

DID社ゴールドチェーン&XAM(ザム)社アルミスプロケットカシマコートブラウン仕様。

ドライブ18丁、ドリブン42丁、チェーン112リンク。

通称オレンジタイガーのブラウンと、ホイールのゴールドでコーディネートしてみました。

とてもお洒落にまとまりました。

軽量なアルミのスプロケットに「超潤滑」のカシマコートでさらなるフリクションロス低減が期待できそうです。

火の玉カラーやオレンジタイガーカラーのお客様にオススメです!

大場もお気に入りのようです。

 

最後に純正630サイズ。

EK社スチールチェーン&PMC社×サンスター社ダブルネームスチールスプロケット仕様。

ドライブ15丁、ドリブン35丁、チェーン92リンク。

ワイルドです。普段見慣れていないサイズ&スチールチェーンの存在感が武骨さを強調しています。純正に拘る理由はここなのでしょうか。納得です。

 

※試着の為、530サイズと630サイズのドリブンスプロケットにロックプレートを取り付けていません。

 

カバーやマフラーで隠れがちなチェーン&スプロケットですが、デイトナセブンスターキャストホイールを組み込むタイミングで一緒にリフレッシュ&カスタムするのも良いかもしれません。

 

 

次回もどうぞお楽しみに。

 

ライターProfile

営業推進グループ 中村慎

デイトナの営業スタッフ。
オートバイもクルマも自転車もただの移動手段ではなく「宝物」です。

関連記事

ホイール開発ストーリーvol.19 取扱説明書 先行公開!

ホイール開発ストーリーvol.18 こだわりの刻印、完成しました!

ホイール開発ストーリーvol.17 発売予定日のお知らせ!

ホイール開発ストーリーvol.16 東京モーターサイクルショー裏話